乾燥肌のクレンジングの選び方

クレンジングはスキンケアの過程の中でももっとも肌に負担をかける恐れがある部分です。

 

またクレンジングの後に洗顔をするとなるとさらにダメージが蓄積してしまうこともあるだけに注意しなければなりません。そもそも乾燥肌が誤ったクレンジング・洗顔が原因で陥っている可能性だってあるのです。

もっともすぐれた洗浄力を備えているのがオイルタイプだが、その分肌への負担も大きい

それだけに乾燥肌のクレンジング選びではまず低刺激を意識してみましょう。メイクを落とせるのはよいのですが、刺激が強いためにバリア機能を低下させる原因になってしまっている可能性もあります。

 

クレンジングにはいくつかの種類があり、洗浄力と肌への負担がそれぞれ異なります。

 

もっとも優れた洗浄力を備えているのがオイルタイプ。その名前の通りオイルの含有量が多く、メイクを浮かせて落としていくことができます。

 

アイメイクをはじめしっかりメイクをしている人にとってはもっとも理想的な選択肢なのですが、優れた洗浄力に比例するように肌への負担も大きくなってしまいます。

 

そのため乾燥肌のクレンジング選びではオイルタイプ以外でよいものがないかを見ていくことが大事です。

 

オイルタイプは絶対にダメというわけではありませんが、それ以外のよりマイルドなタイプでクレンジングができるならそれに越したことはないからです。

低刺激という点ではミルクタイプとクリームタイプが適しているがしっかりメイクは落としにくい

低刺激という点から見るとミルクタイプとクリームタイプがもっとも適しています。どちらも油分が控えめで肌に負担をかけずにメイクを落としていくことができます。

 

またやわらかいテクスチャーをしているので指で肌を強く擦ることなく塗付できる点も魅力です。

 

ただこれらのタイプは洗浄力がやや劣るためナチュラルメイクのとき限定でフォーマルな場でのしっかりメイクだけオイルクレンジングを落とすといった使い分けも必要になってきます。

 

バランスが取れているという点ではリキッドタイプとジェルタイプもあります。ただ乾燥肌の状態によっては刺激が強くなることもあります。

 

またさっぱりとした使い心地のものが多いのでもともとカサつきやすい乾燥肌が使うと突っ張り感が強くなってしまう面もあります。

 

保湿成分など美容成分が配合されているクレンジング剤も増えていますが、まずは肌に負担をかけず使えるかどうかを重視してみていくべきです。

 

乾燥肌のクレンジング選びに関してはメイク環境も踏まえた上で選択も必要です。クレンジングだけに目を向けるのではなく、低刺激なクレンジングで落とせる範囲でメイクを心がける。

 

メイクがシンプルならシンプルであるほどクレンジングの負担も少なくなる。この点も踏まえたうえで選んでいきましょう。

乾燥肌で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ乾燥肌で使ってみたい美容液

ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス

乾燥肌美容液口コミ

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式ホームページで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲンを生成して自ら潤う!1滴の水も加えない高濃度保湿美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リソウの公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタ原液

乾燥肌美容液口コミ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPで詳しく見てみる!