乾燥肌のクリームの選び方

クリームは本来肌にフタをするためのアイテムです。

クリームは不足している油分を補い表面にフタをすることで保湿成分の蒸発を防ぐ役割が

表皮の油分(皮脂)が不足していると表面がカサつきやすくなるだけでなく、肌を保護する機能が低下して紫外線などのダメージを受けやすくなる、さらには角質層に含まれている成分が蒸発して失われてしまうといった問題が起こります。

 

クリームはそんな不足している油分を補い、表面にフタをすることで保護する役割を担っているのです。

 

乾燥肌の場合はもともと皮脂分泌が少なめなためとくにこのクリームの役割が重要になります。製品を選んでいく上では自分が不足している分の油分をしっかり補えるかどうかをまずチェックしましょう。

 

難しいのは油分が多く配合されている製品ほどベタつきやすいことです。いくら乾燥を防ぐ働きを備えていても使っていて不快感を感じるようではよい選択肢とはいえません。

 

たとえば油分でフタをする効果、という点ではワセリンは最高の選択肢ですが、ベタつきやすいワセリンを顔全体に使う人はいないでしょう。

 

ですからベタつきにく、それでいて油分をしっかり補うことができるかが問われます。

 

そもそもベタつきが気になるかどうかには個人差がありますから、最終的には実際に試して自分で判断することになるわけですが、現在では技術の進歩もあって油分が多めでもさっぱりしたテクスチャーのクリームが増えています。

 

メーカーの製品紹介ページや口コミ情報などもチェックしながら選んでみましょう。

乾燥肌にとってもっとも重要な成分セラミドは脂溶性なのでクリームで補うと肌に浸透しやすい

さらに近年のクリームでは美容成分、とくにセラミドを補う役割が重視されるようになっています。

 

保湿成分の代表格、乾燥だけでなくバリア機能の改善にも欠かせないこの成分は乾燥肌にとってもっとも重要な成分といってもよいでしょう。

 

そんなセラミドは脂溶性のため、油分と一緒に配合したほうが肌に浸透しやすいといいます。

 

もともと水分が多い化粧水にはあまり含まれていない成分ですが、ここにきてクリームに配合される機会が増えているのです。

 

美容液では思うように保湿効果が得られない、または刺激に敏感で美容液が使えないという方はクリームでセラミドを補ってみましょう。

 

もうひとつ、UVカット効果を備えているかどうか。

 

先の2点に比べると優先順位は低いですが、紫外線のダメージが気になる方はUVカット、それも買い物などちょっとした外出なら十分にカットできるレベルの製品がおすすめです。

 

乾燥肌は日焼け止めがもたらす肌への負担も気になりますから、クリームで最低限の対策を行っていれば日常生活の中で紫外線対策の負担を軽減できます。

 

こうした点を踏まえたうえで自分の乾燥した肌に合わせたクリームを選んでみましょう。

乾燥肌で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ乾燥肌で使ってみたい美容液

ニッピコラーゲン スキンケアクリームナノアルファ

乾燥肌美容液口コミ

500万本のロングセラー!生とナノの二つのコラーゲンでプルンプルンのお肌に
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定
スキンケアクリームナノアルファの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲンを生成して自ら潤う!1滴の水も加えない高濃度保湿美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リソウの公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタ原液

乾燥肌美容液口コミ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPで詳しく見てみる!