乾燥肌の人はどんな洗顔料を選べば良いのでしょうか?

乾燥肌のスキンケアでは洗顔料選びが大事です。汚れをしっかり落とすだけでなく、肌に刺激を与えないことが大事だからです。

乾燥肌の人が洗顔料を選ぶ時は、添加物が不使用の泡立ちがいいものを選ぶ

乾燥肌美容液乾燥肌洗顔料

とくに注意したいのが皮脂の落としすぎ。乾燥肌のそもそもの原因が過剰な清潔意識による皮脂の落としすぎの可能性もあるのです。

 

洗浄力が強すぎる洗顔料を使用すると本来皮膚の表面で水分保持とバリア機能を担っている皮脂までも除去してしまい、乾燥を加速させてしまう恐れがあります。こうした点を注意した上で洗顔料を選んでいくことが大事なのです(参照:乾燥肌洗顔料の選び方)。

 

まず合成界面活性剤。

 

とくに石油系の合成界面活性剤は洗浄力に優れ、低コストで作れるメリットを備えている一方、肌への刺激が強いことで知られています。

 

必ずしも悪役扱いする必要はありませんが、乾燥肌・敏感肌の人は避けたほうが無難でしょう。パラベンや香料などの添加物もできるだけ使われていない方が刺激が少なく適しています。

泡立ちが良く、クレイや炭の粒子など吸着力に着目した洗顔料もオススメ

それから泡立ち。これが洗顔料選びの鍵を握るといっても過言ではありません。

 

なぜなら汚れは泡で落とすからです。乾燥肌にありがちな誤った洗顔のひとつがゴシゴシと強く擦ってしまうこと。

 

それによって摩擦による刺激がもたらされるほか、冒頭に挙げたように水分保持に必要な皮脂までも除去してしまうことになりかねません

 

よく泡立て、その泡が毛穴の奥に入り込んで汚れをかきだし、それを洗い流す。これがもっとも理想的な洗顔のパターンです。

 

そのためにも泡立ちが良いものを選ぶこと、そしてできるだけ吸着力に優れたものを選びましょう。

 

おすすめとしては泥(クレイ)や炭の粒子を使用したものが挙げられます。

 

評価が分かれるのが保湿成分です。洗顔料にもヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が配合されたものが増えていますが、乾燥肌対策にどれだけ役立つかのどうかについては賛否両論があります。

 

保湿成分は化粧水や美容液で補えば充分という意見も根強いからです。

 

基本的には保湿成分よりもまず低刺激で汚れをしっかり落とせるものを優先して選んでいくようにした方がよいでしょう。

 

こうしたポイントを踏まえつつスキンケアの土台となる洗顔料を正しく選んでいきたいところです。

乾燥肌洗顔料口コミ人気ランキング

 

コスメルジュ編集部が選んだ乾燥肌で使ってみたい美容液

ニッピコラーゲン スキンケア ジェル NMバランス

乾燥肌美容液口コミ

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式ホームページで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲンを生成して自ら潤う!1滴の水も加えない高濃度保湿美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リソウの公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタ原液

乾燥肌美容液口コミ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPで詳しく見てみる!